03-6801-5757

  1. HOME
  2. カイロプラクティック
  3. カイロプラクティックの池袋ABC整体スタジオ

カイロプラクティック他院との違い

『整体は痛そうで怖い・・・』と思っていませんが?

ABC整体スタジオではココが他の整体院とは違います!!

特徴1 臨床8年で4万人を改善させてプロが施術します。

数週間のセミナーを受けた程度で開業している整体院もある中、当院では国家資格所有者(国が認定する3年制専門学校に通い、尚且つ国家試験に合格した者)、2年制専門学校を卒業した米国SORSI認定カイロプラクティックインストラクターが施術いたしますので安心です。

特徴2 常に最新の技術を提供します。

当院では最低月1回のセミナーへの参加を義務付けています。常に最新の技術を学び続けていますので幅広い症状の方へ対応できます。 さらに、毎週1回、当院にて他の整体のプロを招き勉強会を開催しています。プロ同士の勉強会ならではのやり取りの中で、片寄った知識や技術ではなく最善の整体を研究していますので最先端の整体をご提供いたします。

特徴3 ソフトな施術なので痛みは全くありません。

整体・カイロプラクティックというと「ボキボキされて怖い」「痛そう」なんてイメージがありませんか?当院では「ボキボキ」とした整体は一切行いません。最小限の力で最大の効果を出すのがABC整体スタジオの施術の特徴です。

カイロプラクター紹介

鍼灸師

熊谷 剛 (くまがい つよし)

1981年6月
宮城県気仙沼市生まれ

私がこの職業に就くきっかけは私自身の腰痛でした。

その腰痛を改善させたのがカイロプラクティックとの出会いでした。

カイロプラクティックは「自然治癒力を高める」という一般的な医療とはちょっと違った特徴を持っています。

それはあたかも、中古車から新車に乗り換えたかのような体の変化を起こさせます。

当院はカイロプラクティックに特化した専門店です。

お客様の辛い症状を改善させたい一心で池袋ABC整体スタジオを立ち上げました。

また、症状を改善させることを目的としていますので、リラクゼーションを目的としたマッサージは行っておりません。

私はどこに行っても治らなかった症状がカイロプラクティックで改善していく様をこの臨床8年間でたくさん見て来ました。

痛みなどの症状でお悩みのお客様にはお役にたてると確信しております。

些細な点でも疑問などありましたらお気軽にお問い合わせください。

カイロプラクティックとは!?

カイロプラクティックのカイロとは〔手〕、プラクティコスとは〔技術〕という意味です。
ともにギリシャ語に源を発するこれら2つの言葉の組み合わせが〔カイロプラクティック〕と呼ぶ新しい医療 の名前の由来です。
カイロプラクティックは、1895年、アメリカのD.D.パーマーによって創始されました。もう115年前からカイロプラクティックはあるのです。

日本には1916年に川口三郎という人が初めてカイロプラクティックを持ち込みました。

カイロプラクティックの施術は一般的な西洋医学とは異なり「治す」という事は行いません。
体は「治る」ものであり、「治す」ものではない。というのがカイロプラクティックの考え方です。

西洋医学は「病気専門医学」でカイロプラクティックは「健康医学」でもあります。

西洋医学のゴールは「病気の改善」です。対して、カイロプラクティックにおいてゴールは「健康であり続ける事」であり、病気の改善は健康になる途中で起こる変化でしかありません。

カイロプラクティックは予防医学なのです。

カイロプラクティックの目的

カイロプラクティックは矯正(アジャスト)により人間が本来生まれながらに持っている「自然治癒力(イネイト)」が働ける状況を作り出す事を目的としています。

カイロプラクティックでは病気、症状は自分の自然治癒力が治すものと考えていますので、施術者であるカイロプラクターが治すものではありません。

日本では病気は病院の先生に「治してもらうもの」と教育を受けてきていますのでこのカイロプラクティックの話をお客様にすると何か違和感のようなものを感じるようです。

カイロプラクティックの目的とは「症状を治すこと」ではなく矯正により「自然治癒力が働ける状況を作る」という事です。

日本におけるカイロプラクティック

カイロプラクティックの発祥の地、アメリカではカイロプラクターは医師と同等の資格であり、レントゲン、薬の処方も認められています。

しかし、現在日本においてカイロプラクティックは法制化されておらず、教育を受けていなくても誰でもカイロプラクターを名乗る事が出来、すぐにでも開業できるのです。

したがって巷にはカイロプラクティックの教育を受けていないカイロプラクターが多数いて、彼らによる矯正によってのカイロプラクティックでの事故がたびたび報告されています。

メディアの罰ゲーム的要素でカイロプラクティックが紹介されたことも手伝い、病院の先生からカイロプラクティックが嫌われている事も否めません。

その反面、しっかりとした教育を受けた日本のカイロプラクターは西洋化しつつあるアメリカのカイロプラクターにも負けないほどの技術をお客様に提供している事実もあります。

こういったカイロプラクターは医師の常識では考えられないような結果を導き出します。

日本でカイロプラクティックを受ける際、注意しなくてはならない点はどのようなカイロプラクティックを受けるのかではなく、どの先生のカイロプラクティックを受けるかであります。

「看板があったから」や、「近いから」などの理由で気軽に受けてしまうと痛い思いをするかもしれません。

最低でもカイロプラクターの資格や教育内容をチェックすることをお勧めいたします。

カイロプラクティックにおける適応症状

カイロプラクティックの目的は「自然治癒力を働かせること」でありますから、すべての症状が対象になります。

とくにカイロプラクティックによって効果が認められるものとしては、

腰痛、肩こり、ひざ痛など整形外科領域の疾患については効果が高いと思われます。

(注:カイロプラクティックはすべての症状が対象ではありますが、優先順位を間違ってはいけません。出血や、高熱のある状態、腫瘍性、感染症疾患などの場合、まずは病院で適切な処置を受けましょう。)

TOPへ