03-6801-5757

  1. HOME
  2. 肩こり
  3. 更年期による肩こりをツボで解消

これが更年期による頭痛や肩こりを
解消できるツボ!

更年期障害ってツボで制御できるの?

AdobeStock_215744879.jpeg

更年期障害について、どのような知識をお持ちでしょうか。最近では更年期障害の症状を緩和するための薬も多く販売されており、またそれに合わせてCMなども盛んに流されていることから、「40代~50代の女性が、体のほてりや倦怠感などを感じる病気」といった認識をお持ちの方は多いと思います。これはこれで間違ってはいないのですが、そこにどんな原因があるのか、というところまで知っている方は少ないのではないでしょうか。そこで、まず更年期障害はなぜ起こるのか、というところを見ていきたいと思います。

更年期障害が起こる年齢層ですが、これはその名の通り更年期がその年齢層になります。ではその更年期はいつかというと、閉経から前後5年程度の期間を指し、日本人の平均閉経年齢が50歳ということを踏まえれば具体的には45~55歳までの方が更年期に当たります。

次に更年期障害の原因ですが、これには体内ホルモンが大きく関係しています。女性ホルモンの1つにエストロゲンというものがあります。このエストロゲンは8、9歳のころから分泌が開始され、30代半ばにピークを迎えると減少に転じ、さらにこの更年期に差し掛かる時期で分泌量は急激に下がります。しかしこのエストロゲンは丸みを帯びた体形を促進したり妊娠しやすいような体づくりを助けたりなど、いわゆる女性特有の働きのために分泌されるので、脳は必要な量のエストロゲンを分泌するよう指示を出します。しかしすでに脳が求めるラインを分泌することはできません。すると「どうして指示を出しているのに分泌されないんだ?」と脳が混乱してしまいます。

厄介なのはここからで、この混乱してしまう部分を視床下部というのですが、視床下部は自律神経をまとめている器官でもあるので、エストロゲン不足で起こった混乱が自律神経にまで波及し、自律神経に向けて誤った指示を出すようになってしまうのです。自律神経とはご存知の方も多いでしょうが、意思とは関係のないところでの体の働きを調整する神経です。例えば暑いから汗をかいたり逆に寒いから体を縮めようとしたり、運動している時に脈拍を早めたり。こうした体が自動的に行うことを担っているのが自律神経なのですが、しかしこれらの指示を出すのはあくまで視床下部。ここが混乱し誤った指示が出てしまうと、暑くもないのに汗をかく、安静にしているのに脈拍が早くなる、疲れやすくなる、疲労回復がうまくいかない、それに伴う頭痛、肩こりなどの症状が表れてしまうのです。ここまで見ると、更年期障害とは自律神経失調症の一部であることが分かりますね。

ちなみにですが、更年期障害は女性だけのものではありません。男性にも起こりうるものです。男性の場合にはエストロゲンではなくテストステロンという男性ホルモンの現象がきっかけですが、症状としては女性と同じ、自律神経失調症となります。

さて、更年期障害の原因は体内ホルモンにあり、その症状は自律神経の乱れからくるということが分かりました。そして、実はこれらの体内ホルモンや自律神経の働きは、ツボで改善することができるのです。

更年期障害による不調に効くツボはこれ!

AdobeStock_7565291.jpeg

では更年期障害に効くツボを実際に見ていきましょう。

・三陰交(さんいんこう)
内側のくるぶしから、手の指4本分を上がったところにあるツボです。女性ホルモンの分泌をスムーズにする効果があるので、エストロゲンが減少している更年期障害にはてきめんです。

・湧泉(ゆうせん)
土踏まずの中央やや前方にあるツボ。副腎の機能を高めてホルモンバランスを改善させる効果があります。

・大衝(たいしょう)
足の親指と人さし指の間を足首方向に進んでいくとあるくぼみにあるツボ。慢性的な疲労感やだるさを感じている方にピッタリです。

・丹田(たんでん)
更年期障害でよく聞かれるのが冷えの悩み。おへそから指4本分下ったところにある丹田を、こちらは押すのではなく温めることで刺激していきましょう。カイロや蒸しタオルが適役です。丹田を温めると体全身に血が回るようになり、冷えはもちろん頭痛や肩こりなど様々な不調に効果があります。

ツボ以外にも食事によって症状を緩和させることもできます。ホルモンバランスを整えるビタミンEや亜鉛、体内でエストロゲンと似たような働きをする大豆イソフラボンなどは積極的に取っていきましょう。また自律神経の不調そのものに効くのはビタミンB1、B12です。自律神経の働きを維持する効果があるので、こちらも同様に取り入れてほしい栄養素です。

セルフケアで治らない!そんな時はどうしたらいいの?

AdobeStock_163146173.jpeg

ただこのようなツボや食事を取り入れても更年期障害が重度の場合にはなかなか改善されないことも。そんな時には整体師による施術を検討してみてはいかがでしょうか。整体、と聞くと体の関節をバキバキさせて筋肉や関節の痛みをとる、というイメージが強いかもしれませんが、本質は違います。

整体の本質とは、体のゆがみを取り除くことにあります。身体のゆがみというのは皆さんが想像されるような膝や肩、腰などにばかり現れるのではありません。足首のゆがみはそこを通っている血管のゆがみとなり冷え性につながりますし、骨盤や背骨のゆがみは神経の通り道をゆがめてしまいます。このように、輪郭のゆがみは内部のゆがみに直結しているのです。整体でこのゆがみを取ることができれば、自律神経や体内ホルモンの生成バランスが正常になり、更年期障害も改善される可能性があります。

TOPへ