03-6801-5757

  1. HOME
  2. しびれ
  3. 膝のしびれ

ひざの痺れ

特徴

どのようなものか

膝周辺の知覚・感覚・運動障害が起る。膝の皮膚上の感覚障害、ジーンとしびれた感じがある、ズキズキする、重い感じがする、体重をかけると痛む、ぐらつく、階段がしんどい、長い時間立っていられない、正座ができない、長時間の運動に耐えられない、左右どちらかに大きく重心を乗せることが多い、・・・などがある。

どのようなものがあるか

腰椎の問題(椎間板ヘルニア、腰椎分離症、腰椎すべり症、脊柱管狭窄症、変形性腰椎症など)による坐骨神経痛。膝周辺の筋肉の過緊張、半月板の損傷、・・・などがある。また糖尿病やリウマチ、脳腫瘍などでも症状は起こってくる。

どのような治療があるか

疾患にあった方法を行う。腰椎の問題にたいして治療をするなら、保存療法、薬剤投与、ブロック注射、手術、という順番で行う。

原因

しびれや痛みは血管や神経が圧迫されて起こる症状である。そのため腰椎から出発する神経が圧迫されてしまうと、坐骨神経痛を出してしまう。坐骨神経は大腿後方から膝の後ろを通って足の先まで伸びている。そのため正座など膝を屈曲した状態では神経と血管を圧迫し続けることになるので膝の周囲にしびれや痛みが出てしまう。また、半月板の損傷や減少の影響で膝の関節がこすれて炎症が生まれてしまい症状がでることもある。

整体からみた治療

坐骨神経痛には患部だけでなく、全体を検査し治療していかなければならない。症状は骨盤や背骨がゆがむことによって起こってくるので、まずはそのゆがみを整えていくことが身体が回復してくるのに大切なことである。また膝の慢性的なバランスの狂いによって膝の半月板に負担がかかってくるので、なぜ膝がそのようなバランスになってしまったのかの原因を治していかなければ、根本の治療にはなりません。

TOPへ