03-6801-5757

  1. HOME
  2. O脚
  3. O脚の骨が曲がって見えるわけ

O脚の骨が曲がって見えるわけ

O脚の骨が曲がって見えるわけとは?

O脚は脚と脚の間が空いてみえますが、人によって脚が湾曲して見える人や、脚の骨が曲がっているのだと思っている人もいるみたいです。

実際に骨が曲がっている人もいますが、ほとんどの人が骨盤やその他の骨格の歪みが影響して脚と脚の間を広がっています。

美脚に憧れてO脚矯正をしたいと考えている人も多いのが現実ですが、骨が曲がってしまって脚と脚の間が空いてしまっている場合は、整形外科などに行って手術を受ける必要がありますが、そんな人は滅多にいないので、通常はO脚矯正を行っている整体やカイロプラクティックで事足りると思います。

O脚で脚の骨が曲がっているように錯覚する理由ですが、人の骨は 沢山の骨が組み合わさって成り立っていて脚の骨も複数の骨が組み合わさって出来ています。

骨盤から腿の部分の骨につながり膝の骨を経由して脛の骨につながり足首から脚の指となりますが、O脚は腿の部分の骨と膝と脛の部分が歪んで起こります。
膝の関節が歪む事でその上下の腿と脛の骨も影響を受けて脚と脚の間が広がってしまいます。

そしてさらに筋肉が外側に引っ張られて更に脚の間を広げてしまいます。そして脚が曲がって見えてしまうのですが、結局、関節の歪みが脚を曲がって見せているのです。

TOPへ