03-6801-5757

  1. HOME
  2. 痛み
  3. 太ももの痛みについて

太ももの痛みについて

症状

階段の上りで前側が痛む、階段の降りで後ろ側が痛む、歩くときに左右の足の上りが違う、前屈をするように伸ばすと痛い。

原因

坐骨神経痛、肉離れ、筋肉の過緊張、股関節や膝の問題。

改善

坐骨神経痛の場合は太ももの後ろに痛みがでる事が多い。また、股関節や膝の可動域が狭いために筋肉が負担を受けて過緊張を起こして痛みが出ている場合もあるので、全体を見て治療をしていかなければならない。
整体で太ももの痛みを改善させる場合も身体全体のバランス調整が必要になります。
太ももが痛む場合、ほとんどは坐骨神痛と関連性を持っています。
太ももの筋肉が痛むわけですが、筋肉自体が痛んでいる事は稀です。(打撲などは除く)

腰と骨盤から出る坐骨神経がなんらかの圧迫を受け太ももに痛みを出します。
解決方法としては骨盤のバランスをまずとる事です。
骨盤のゆがみを正す際に注意することは、単に骨盤を矯正する事ではなく、骨盤がゆがんだ理由を考える必要があるという事です。何事も骨盤のゆがみという結果がある以上、理由もあるのです。それを無視して結果を治そうとするとうまくいかないのです。

まず、骨盤を大きくゆがめる原因となるのは内臓の疲労です。とくに腎臓は披露すると加水する傾向が強い臓器です。
腎臓の疲労をとってあげるだけで骨盤のゆがみが改善する場合も多くあります。

TOPへ