03-6801-5757

  1. HOME
  2. 腰痛
  3. 生理と腰痛について

毎月つらい!
生理中のひどい頭痛や腰痛は
どこからくるの?

生理中の腰痛や頭痛の原因とは?

毎月の生理は痛みがなくてもうっとうしいものですが、痛みがあるとさらに憂うつですね。生理痛といえば腹痛や下腹部痛を思い浮かべる人も多いと思いますが、それに以外にも腰痛、頭痛、めまい、吐き気など人によって様々です。

生理痛の代表的な症状の一つである腰痛が起こる原因としては、ホルモンバランスが崩れることが大きな要因です。他には、生理中は子宮に血液が集まるため、全身の血液が一時的に滞るため血行が悪くなることも原因の一つとされています。さらに生理中は骨盤が広がることにより骨盤が歪み、普段よりも腰にかかる負担が大きくなるために痛みが起こります。

038_1_171131946_Subscription_Monthly_M.jpg

頭痛もまたホルモンのバランスと大きな関係があります。女性ホルモンにはエストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)があるのですが、生理周期によってその分泌量が変動します。中でもエストロゲンは排卵前と生理開始前に大きく減少するため、この急激な変化が脳の血管を拡張させ、一気に血流が悪化することで頭痛が引き起こされるといわれています。ズキズキと響くような痛みを感じたり、吐き気を伴ったりする場合もありますね。

普段は腰痛も頭痛も感じないのに、生理がくるたびに腰が痛くて歩けない、という人は少なくありません。主な原因は、先に上げた通りホルモンバランスの乱れや血行不良、骨盤の歪みなどですが、実はその先に婦人科系の病気が潜んでいるケースもあります。あまりにも痛みが激しい、生理後も激痛が続くといった症状がある場合、子宮筋腫、子宮内膜症、子宮ガンといった病気が原因になっていることもありますから、できるだけ早く婦人科で相談しましょう。早期発見、早期治療がとても大切です。

生理中の痛みに効果のある対策

生理中の耐えられない痛みは我慢するしかない、と諦めていませんか?完全に解消することは難しいかもしれませんが、少しでも楽になる方法はたくさんあります。今すぐできる方法をご紹介しますので、試してみてくださいね。

038_2_64286343_Subscription_Monthly_M.jpg

〈生理中の腰痛を楽にする方法〉

①体を温める
腰を冷やさないことは症状緩和の基本です。特に寒い季節に外出する際は、体を冷やさない格好で保温を心がけましょう。加えて腰の下側にホッカイロなどを当てるだけで痛みが和らぐでしょう。また、腰や骨盤周辺を温めるグッズを活用したり、コーヒーなどカフェインの強い飲み物、スナック菓子などは控えて、根菜類やひじきなどを摂ったりするとよいですね。

②腰痛に効くツボを刺激する
生理痛に効くツボのうち、おヘソ回りには腰痛に効くツボがあります。ここをやさしく押したり撫でることで刺激したり、カイロなどで温めると効果があるようです。その他、足の内くるぶしから指4本分上を押してみてください。もしかしたら少し痛みがあるかもしれませんが、じっくりゆっくりを心掛けてください。生理以外のときは強く押しても構いませんが、生理中は少しの刺激で十分効果があります。

③便秘を防ぐ食べ物を摂る
生理中は子宮全体が腫れているような状態になり、腸や周辺の骨盤、腰を圧迫するため、便秘になりやすいといわれています。便が腸に溜まると血流が悪くなり、腰痛もますます悪化してしまいます。ですから便秘にならないよう、消化吸収のよい食事を意識して摂ることが大切です。

038_3_170157155_Subscription_Monthly_M.jpg

④長時間同じ姿勢をとらない
痛みのせいでつい楽な姿勢をとり続けてしまうことが多いと思いますが、体が凝り固まり血流が悪くなるので腰痛が悪化する恐れがあります。これを防ぐために、たまに立ち上がったり、ストレッチをしたりするとよいでしょう。ただ、生理中は貧血気味にある人もいると思います。その場合は座ったままでよいので、足首を動かしたり、足を上げ下げしたりするだけでもOK。体の凝りがほぐれ、腰痛も緩和されます。

⑤コルセットやベルトなどで腰を保護する
骨盤の歪みからくる腰痛を生理のときだけだから大丈夫と放置しておくと、骨盤の歪みは生理のたびに悪化し、腰痛もひどくなってしまうことがあります。そうならないよう、コルセットで腰の負担を軽くし、生理中も正しい姿勢で過ごすことが、腰痛を軽減する上で役に立つはずです。

〈生理中の頭痛を楽にする方法〉

①生活習慣を見直す
生理による頭痛を防ぐには、日頃からの生活習慣が重要なポイントです。疲れや睡眠不足は頭痛を引き起こします。普段から良質な睡眠をとるよう心がけ、ストレスを溜めないようにしましょう。ただし、8時間以上寝てしまうとかえって頭痛が起こりやすくなるといわれています。時間より質にこだわることが大切です。

②体を温めすぎない
体を温めすぎると脳の血管が拡張し、頭痛の原因になることがあります。生理前や生理中、頭痛が起こりやすい時期は、熱いお風呂は避けたほうがよいでしょう。

③運動を控える
痛みを紛らわせようと運動するのは逆効果です。血行が促進されて、痛みがさらに増すことになります。無理な運動は控えておいたほうがよいでしょう。

④ツボを刺激する
市販の鎮痛薬を使用してもよいですが、薬を飲みたくないときはツボを押してみましょう。頭痛に効果的といわれているのが、「百会」のツボ。頭頂部の左右の耳をつないだ線の真ん中あたりにあります。指の腹を使って、ゆっくり3〜5秒ほど押します。生理中の頭痛だけではなく、イライラ解消などにも効くとされているので是非試してみてください。

まとめ

038_4_193396681_Subscription_Monthly_M.jpg

生理は毎月くるものだから、と我慢してしまう人も多いようです。でも今回ご紹介した対策を実践すれば、生理中もより快適にすごせるようになるかもしれません。簡単ですぐにできる方法ばかりですから、早速試してみてください。

TOPへ