03-6801-5757

  1. HOME
  2. 腰痛
  3. ゴルフが原因の腰痛

ゴルフ腰痛の治し方や
筋トレなどの予防策について

その腰痛、もしかしてゴルフが原因

Fotolia_193896571_Subscription_Monthly_M.jpg

昨今、運動不足が話題になる一方で、様々なスポーツを始める人が増えています。中でも、若い人から年配の方まで、年代を超えて人気のスポーツといえば、ゴルフです。接待ゴルフなんて言葉があるほど、社会人の間では馴染み深くなっています。

しかし、ゴルフを楽しむ人がいる一方で、ゴルフによる腰痛で苦しむ人が後を立ちません。ゴルフは走らずに済むからと、ストレッチをほとんどしなかったり、身体の無理に気付かず、たくさん練習しすぎたりと、その優雅なイメージとは裏腹に、身体への負担は想像を絶するものなのです。

年とともに、痛みを感じるタイミングは変わってきます。ゴルフをしたすぐあとは大丈夫であっても、人によっては2~3日後に痛みを感じることもあるのです。忙しい現代社会において、痛みを感じるまでの数日間の間に、仕事などで体に負担をかけてしまうことも少なくはありません。そういった負担の蓄積によって、腰痛はより激しく身体を痛めつけます。また、数日経ってから腰痛が起きてしまうと、ゴルフが原因だと気付くことも難しいのです。

ゴルフで腰痛になる人がやっている3つの悪い癖

Fotolia_225965975_Subscription_Monthly_M.jpg

「正直、ゴルフで腰痛になってしまうのは仕方ないこと」なんて諦めてはいませんか?ゴルフでの腰痛は、痛みのレベルが人によっても、そして日によっても異なる事が多いです。そのため、あまりひどくない腰痛を感じている人だと、「腰痛になっても、治るから」と言って、腰痛の予防を全くしないという人もいます。一時的なものだからと諦めてしまっているのです。

でも治るとは言ってもやはり痛いのは嫌ですよね。腰痛の予防は、意外と単純で、簡単。しかも、身体も楽になって、ゴルフをより楽しくプレイすることができます。

では、ゴルフの後に腰痛が見られる人がやりがちな悪い癖をご紹介しましょう。

・悪い癖その1:ゴルフ以外に運動をしない
急な運動は、腰痛を引き起こす原因となります。運動不足の身体で、いきなり大きなスイングをしてしまっては、身体への負担は計り知れません。まずは、少しずつ体を慣らしておくことが重要です。いきなりではなく、少しずつ始めることを意識しましょう。また、ゴルフだけでなく、出来る限り毎日ウォーキングなどを行って、運動不足を解消するとより良いです。

・悪い癖その2:準備運動をしない
何よりも大切なのは、身体に「これから運動しますよ」と伝えることです。走るなどの激しい運動がないゴルフは特に、面倒くさい、必要ないと思いがちなのですが、ゴルフは、腰や身体全体をひねる事がメインのスポーツ。まさに準備運動が欠かせないスポーツなのです。さらに、準備運動をすることで、コリや緊張状態だった身体をほぐすことができ、身体が軽く感じるなど、多くのメリットがあります。もちろん、年とともに、準備運動だけでもしんどいという方も多いはず。あくまで"準備"運動です。無理はせず、出来る範囲で行いましょう。

・悪い癖その3:体に負担がかかるスイングをする
悪いスイングが癖になってしまっている人もいます。初心者のうちはいいか悪いかもわかりづらいとは思いますが、正しいスイングを行うことで、腰痛の予防だけでなく、ゴルフの腕自体も格段に成長することが出来るのです。特に、自分は正しいスイングができていると思っている方は、今一度確かめてみましょう。正しいスイングの見分け方は簡単です。身体ではなく、腕で振ってしまっていたり、身体が伸び上がっていたりと、体の一部に負担をかけている場合は間違ったスイングをしています。正しいスイングは体の動き似合わせて、腕が自然と回転してくれます。腰と股関節の動きに注目し、同じように回転しているか確認しましょう。

整体師に聞いてみた、腰痛にならないためのストレッチ方法

Fotolia_92299001_Subscription_Monthly_M.jpg

明日からでも始められる予防方法は、準備運動です、とはいえどのような準備運動をすればいいのかわからないという方も多いと思います。そこで、整体師オススメのストレッチ法を伝授したいと思います。

まず、肩回旋、首回旋でリラックスしましょう。無理に回すのではなく、リラックスしながら行うことが大切です。
次に下半身です。膝の屈伸、回旋それから足首の回旋を行います。すでにお気づきだと思いますが、ゴルフは身体全体をひねるスポーツ。準備運動も身体を柔軟に動かすための回旋が多いです。
そして、大臀筋の柔軟性を高めるためのストレッチ。片方の膝を両手で抱えながら、胸に寄せて数秒キープしましょう。これを両足行います。

その後、脚をおろしたら、片足の踵をお尻につけるように脚を後ろに曲げ、太股を伸ばしていきます。こちらも両足行います
最後に、片足を一歩前に踏み出し、深く腰を落としていきます。踏み出した方の膝が、直角になるように曲げ、股関節と後ろ足を伸ばしていきます。これを両足行ったら終了です。きっと身体も暖まり、ゴルフに最適な体になっているでしょう。

TOPへ